facebook
 

不動産登記

  • 円
  • こんな時は不動産登記をおすすめします

  • マイホームを購入したい
  • 住宅ローンを利用したい
  • 住宅ローンの返済が終わった
  • 贈与をしたい

不動産登記制度とは、国民の重要な財産である不動産の状況と権利関係を登記簿をもって正確に公示し、
不動産取引の安全を図ることを目的としたものです。

不動産登記のメリット

念願のマイホームを
購入したが・・・

念願のマイホームを購入し、法律上は所有権が移転していても、[登記]というものをして登記簿の名義を変更しなければ、第三者に対してこれは自分のものであると主張することができません。そこで、登記の専門家である司法書士が登記手続きのお手伝いをさせて頂くことにより、権利の保護を図ることができます。

住宅ローンを利用したい、住宅ローンの返済が
終わったけど?

住宅ローンを利用する際は、その融資金を担保するために、金融機関は抵当権等の担保権の設定登記を融資条件にしており、その登記手続きをしなければなりません。また、住宅ローンの返済が終わると金融機関から書類を渡されますが、登記手続きをしなければ抵当権等の担保権の登記は登記簿に残ったままになってしまいます。これらの手続きは、どのような書類が必要でどのような手続きをする必要があるのか等、一般の方にはご負担の大きいものになってしまいます。そこで、専門家である司法書士が代理して行うことにより確実に手続きをすることができます。

生前に贈与をすると
どんなメリットが?

例えば、親が亡くなり相続人間で遺産分割協議をする際に、相続人間の関係が良くないという場合は、協議がまとまらず揉めたりすることがあります。こういった場合に、生前に贈与をしてあらかじめ財産の引継ぎをしておけば、無駄な紛争を回避することができます。また、生前にこのような手続きをすることにより、ご本人様の意思を最大限に尊重することが可能です。

ご相談・ご質問等は、下記よりお気軽にお問合せください。


電話番号
メールからボタン